ご来訪ありがとうございます。

 

わきやさゆりと申します。

 

 

約20年、幼稚園、保育園で直接保育現場に携わり、私自身2人の男の子を育ててきました。

 

幼稚園の先生なんだから、上手に子育てできて当然でしょう・・・

 

そう思われるかもしれませんが・・・

失敗し、悩み、後悔し・・・の連続・・・

連続に次ぐ連続・・・

 

 

ことに家庭でのお片づけは、自分が嫌いではないために、私自身がさっさとやってしまい、子どもにその力を付けることが後回しになっていました。

 

というより、どうやって教えていいのかわからなかったのです。

 

 

自分の子どもが随分大きくなって、何気ないきっかけから、整理収納の勉強を始めました。

 

 

そこには、驚きや、発見がいっぱい。

 

毎日の生活の中で、モノを使わないわけにはいきません。

モノを使えば、必ず「片づけ」が付いてきます。

 

 

その「片づけ」に、子どもを伸ばす力がいっぱい隠れていたのです!

子どもを認めるチャンスがいっぱいあったのです!!

 

 

子どもが認められると、想像もしないほどのエネルギーになって、子供自身を伸ばします。

 

子どもが伸びると、大人も、「なかなかいい子育て、できているな。」と自分に自信がついて、子育てを楽しめます。

 

 

片づけには、脳の記憶システムの基礎を作る力まであります。

 

そして、すっきりした空間で毎日を送れることは、ストレスが減り、家族にとってとても素敵なことです。

 

 

たかが「片づけ」

 

されど「片づけ」

 

 

 

何でもない、毎日の生活の中に、こんな素敵な種が落ちているのです。

わざわざ何かをするわけではなく、日ごろの暮らしの中に、子どもが育ち、大人がゆとりを持てるきっかけがあるのです。

 

 

 

片づけることを目的にしているのではありません。

 

まずはちょっとかたづけtemiru。

 

心地いい暮らしを送るためのきっかけを、お片づけを通してお手伝いしたいと思います。

 

 

 

 

 

片づけなんて、人に教えてもらうモノじゃない、そう感じていらっしゃるかたも多いと思います。

 

けれども、現在では、小学校で片づけを学ぶカリキュラムが組まれています。

 

家庭で教えることが難しくなったからでしょうか?

モノや情報があふれんばかりの世の中になったからでしょうか?

 

 

 

皆さんは、片づけの方法をご存知ですか?

 

 

 

私の片づけの方法は自己流でしたし、まさか片付けにこんなパワーがあるなんて、全く気づきませんでした。

自分はわかったつもりでも、子どもにどう伝えたらいいのかわかっていませんでした・・・

 

 

 

もっと早く知っていたかった!

幼稚園教諭になりたての時に知っていたら・・・

新米ママの時に知っていたら・・・

 

そう思うからこそ、一人でも多くの先生や、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんに伝えていきたいと思っています。

 

 

 

片づけは、片づけの方法を知っているか、知らないか、

 

そして、初めの一歩を踏み出すか、踏み出さないか、

 

それだけです。

 

 

 

 

だからまず、かたづけtemiru。

 

気軽な気持ちで。

 

 

 

知ってみて、動いてみて、一緒に片づけてみませんか。

 

最初の一歩を踏み出してみませんか。

 

 

 

                                    わきや さゆり